医療法人成和会

コメディカル本部

コメディカル本部のご紹介

病院では、様々な職種のメディカルスタッフが働いています。
このうち、医師、看護師を除くメディカルスタッフ
(薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)
が診療連携(コメディカル)本部に在籍しています。
こうした異なる職種のメディカルスタッフが連携・協働し、
それぞれの専門スキルを発揮することで、
入院中や外来通院中の患者様の生活の質(QOL)の維持・向上、患者様の人生観を
尊重した療養の実現をサポートしています。

コメディカル本部理念

病院の理念・基本方針に基づき、
患者様・ご家族お一人おひとりに対して、
複数のメディカルスタッフ(医療専門職)が
それぞれの専門性をもとに
高い知識と技術を発揮し連携して、
治療やケアを提供します。

行動方針

  1. 患者中心の医療の推進
    • 常に患者中心の医療、患者及び家族の意向を十分に反映した医療を提供します。
  2. 高いレベルの専門性の推進
    • 高いレベルの専門性に基づいて、安全で効果的な業務を遂行します。
  3. 情報共有の推進
    • 常にチームとしての方針を共有し、実践した業務を適切に記録・保管管理します。
  4. チーム医療の推進
    • 他のメディカルスタッフの業務に関心を払い、医療チーム全体の統合性の確立に努めます。

ご挨拶

alt
コメディカル本部長藤川 昌司

コメディカル本部長ご挨拶

コメディカル本部は薬剤部門と診療技術部門(放射線科、検査科、リハビリテーション科)を統合した部門で、患者様に必要な医療や情報の提供に際し、高い使命感を持ち、患者様の生命と尊厳を守りながら、その個々の専門性の職務を遂行しております。
医療の高度化や超高齢化社会の到来から、メディカルスタッフの役割はさらなる進化と協働を期待されています。
それぞれのメディカルスタッフの専門的知識及び技術の進歩を土台としながら、各職種の連携によって、患者様中心の医療を推進し、その際に個々の患者様の疾病や障がいのみではなく、心理面や社会面を見据えた全人的サポートを行っております。

コメディカル本部 各科紹介

alt

薬剤科の特徴

医療の中で重要な役割を果たす「薬物療法」のお手伝いが出来る様、下記の方針をたて日々の業務に当たっています。

  • 患者様が安心して薬を使用できるように、服薬指導・情報提供等を実践しQOLの向上の一翼を担う。
  • 薬剤師としての職能を十分発揮できるよう日々研鑽に努め質的向上を図る。

また大阪府薬剤師会教育研修認定機関・薬学生教育研修指定機関として実習を受け入れ、後進の育成にも取り組んでいます。

alt

放射線科の特徴

当科では高性能の医療機器をそろえ、あらゆる疾患の診断が可能となっております。
特に最近では高速撮像可能な高性能CTを導入し、高速撮像のメリットを生かした脳血管や心臓、全身血管の明瞭な画像、高精細な画像が得られることで全身の小さな病変の発見や病気の診断に力を発揮しております。
MRIは1.5Tの機器を使用し頭部から足先まで、主に脳神経系や骨や関節など整形外科領域の疾患の診断に用いられています。

alt

検査科の特徴

血液検査や尿検査などの検体検査、心電図やエコー検査などの生理検査に従事し、病気の早期発見・診断・治療に必要な情報を提供しています。
当科は殆どの検査で依頼からデータ報告までをコンピューターで管理しており、また休日・夜間も当直者が検査要請に対応し、地域の皆様の健康に貢献すべく、スタッフ一同が迅速で精度の高いデータの提供に励んでいます。

alt

リハビリテーション科の特徴

急性期から回復期、生活期(外来、訪問)まで経験豊富なセラピストが質の高いリハビリテーションを提供しています。
また慢性期、緩和ケア病棟を有するほうせんか病院や豊泉家グループの施設とスムーズな連携をとり、包括的なリハビリテーションを提供しています。

詳細(準備中)

活動の紹介

リハビリテーション科

リハビリテーションをより効果的に、安全に行うために多職種と連携したチーム医療を行っています(多職種勉強会、定期的なカンファレンスなど)。

採用情報

リハビリテーション

新卒採用(リハビリテーション)